心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2018年<平成30年>1月1日〜1月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

1月13日(土)

ひろお未来塾の講座としてHBC北海道の水野アナウンサーの講演会を行いました。
ひろお未来塾ひろお未来塾


1月11日(木)

船霊祭に出席しました。
船霊祭


養護・特養合同新年交礼会に出席しました。


1月10日(水)

十勝毎日新聞の新年交礼会に出席しました。
十勝毎日新聞 新年交礼会


1月9日(火)

久我キイさんに長寿賞を贈呈しました。
久我キイさんに長寿賞贈呈


広尾町新年交礼会に出席しました。
広尾町新年交礼会


1月5日(金)

漁協市場で開かれた「初セリ」に出席しました。
初セリ


北海道新聞の新年交礼会に出席しました。
北海道新聞 新年交礼会


1月4日(木)

新年出初式に出席しました。
新年出初式新年出初式


1月3日(水)

「はたちのつどい」に出席しました。
はたちのつどいはたちのつどい


1月1日(月)

広尾町150年を迎え 新たな第一歩となる年

町長メッセージ

 新年あけましておめでとうございます。
 町民の皆様におかれましては、健やかな新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。昨年は、町政推進に対する多大なるご理解とご支援を賜りましたことを心よりお礼申し上げます。
 
 本年は広尾町が開町してから150年となる節目の年となります。
スローガンを「創る・つなぐ。広尾町」といたしました。今日の本町を築き発展させてこられた先人の皆様のご苦労とご功績に感謝と敬意をもって引き継ぎ、それらを土台として、今生きる私たちが将来豊かな町を創り、先人たちの願いと共に次の世代へ広尾町の未来を引き継ぐスタートの年であります。

 さて、昨年を振り返りますと、本町の基幹産業である漁業では秋サケ漁が記録的な不漁となるなど、依然として厳しい状況が続いておりますが、新たな製氷・貯氷施設が完成し、高品質で安心な広尾産の魚介類の安定的な供給への貢献が期待されます。
 農業においては、台風の影響により多数のデントコーンが倒伏するなどの被害が発生しましたが、農業生産額が過去最高となる見込みとなっております。各生産者の皆様のご努力に改めて敬意を表し、農業生産力の堅調な推移に心強さを感じるところであります。
林業においては素材生産量が過去最高となり順調に推移し心強い限りです。
商工業においては、新たに4件の操業が生まれたことで地域の活性化が図れたところです。
さらに、十勝港では、貿易額が7年連続で100億円を超え地域産業の大きな力になっており、加えて新たな水産加工工場が新設されるなど港の利活用が進みました。今後も更なる企業誘致を進めるとともに、高規格幹線道路「帯広・広尾自動車道」の早期全線開通を実現し、十勝港の物流拠点としての機能を高めていきます。

 また、漁業に必要となる知識や技術を学ぶために、昨年も道立漁業研修所に2人が入所しました。さらに、町内の酪農家が優れた経営をしている全道の新規就農者を表彰する「新規就農者優良農業経営者表彰」において最優秀賞に選ばれました。これからの本町を担っていく若い力が着実に育っていることをうれしく思います。
 昨年、将来のまちづくりを担う若者を育成する「第二期ひろお未来塾」が開講しました。今回は広尾高校の生徒も入塾し、地域活性化策を切り口に社会で求められる課題解決能力を磨いています。
 都会の子どもたちを受け入れる農山漁村ホームステイも3年目となりました。ホームステイ後も交流は続き、受け入れた小学校の学校給食に広尾産品が使用され、都市部の物産展へ出店するなど、交流人口の増加や産業振興にもつながっています。
 また、広尾高校の存続に向け民間による下宿が開設されました。町では高校存続の支援策として、通学費や資格検定料、模擬試験料、大手予備校講習費等、カナダ国際交流費、部活動遠征費などの補助や学校給食の提供などを行ってきましたが、新たに下宿費用の補助も開始しました。今後も広尾高校の存続に向け、様々な支援策を継続していきます。
 本年は、昨年策定した第5次行政改革大綱の取組を本格的に実施していく年になります。本町をとりまく財政状況は非常に厳しく、この取組では町民の皆様にご負担をお願いしなければならないものもありますが、皆様のご理解とご協力をいただきながら、この難局を乗り越えていきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。
 結びにあたり、本年が町民の皆様にとって健康で幸せ多い年でありますよう心からご祈念申し上げますとともに、広尾町のさらなる発展を願い、平成30年の年頭のごあいさつといたします。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る