心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP重要港湾十勝港沿革・施設

沿革・施設

十勝港の沿革

十勝港イメージ

昭和 4年(1929年) 広尾港改修工事に着手
昭和26年(1951年) 広尾港、港湾法に基づき避難港に指定
昭和28年(1953年) 港湾区域を定め、広尾町が港湾管理者となる
昭和34年(1959年) 広尾港、地方港に昇格
昭和35年(1960年) 広尾港に初めて貨物船(第8松栄号 253t)が入港
昭和40年(1965年) 広尾港を「十勝港」に改名
昭和45年(1970年) 十勝港、重要港湾の指定を受ける
昭和54年(1979年) 日本通運株式会社十勝港支店コンテナ船運行開始
昭和60年(1985年) 第3ふ頭建設着手
平成元年(1989年) 十勝港広域小麦流通センター(1,000t×50基)操業開始
平成 5年(1993年) ホクレン肥料株式会社「十勝肥料センター」操業開始
平成 6年(1994年) 第4ふ頭建設着工
平成 8年(1996年) 近海郵船株式会社「東京・釧路・十勝間」フェリー就航(9月〜)
平成11年(1999年) 7月1日 関税法に基づく開港の指定を受ける
十勝港広域小麦流通センターサイロ増設(15基) 5万トンから6万5,000トンへ
近海郵船株式会社「東京・釧路・十勝間」フェリー就航休止(11月13日)
平成12年(2000年) 6月1日 検疫法に基づく無線検疫港の指定を受ける
平成15年(2003年) 9月26日十勝沖地震発生 十勝港内全岸壁被災
平成16年(2004年) 第4ふ頭第3岸壁(-13.0m)供用開始(暫定-12.0m)
平成17年(2005年) 内港地区港湾環境(緑地)整備事業着工
平成18年(2006年) 十勝港広域小麦流通センターサイロ増設(25基) 6万5,000トンから9万トンへ
日本通運株式会社十勝港支店コンテナ船運行休止
平成19年(2007年) 丸紅梶E鰹繿g・パシフィックグレーンセンター梶E日清丸紅飼料梶E日本甜菜製糖鰍フ5社による飼料コンビナート進出決定(9月)
とかち飼料叶ン立(日清丸紅飼料梶E日本甜菜製糖梶j(11月)
十勝グレーンセンター叶ン立(丸紅梶E鰹繿g・パシフィックグレーンセンター梶j(20年2月)
平成20年(2008年) 外国貿易で輸入が飛躍的に伸び、平成11年の開港以来最高の貿易額を記録(69億4,300万円)
十勝港港湾計画の軽易な変更(土地利用計画)の承認を得る(3月)
平成21年(2009年) 十勝グレーンセンター(株)原料保管サイロ建設工事着工(3月)
とかち飼料(株)飼料製造工場建設工事着工(3月)
外国貿易で輸出、輸入ともに伸び、前年に続き開港以来最高の貿易額を記録(97億5,100万円)
平成22年(2010年) 農協サイロ(株)小麦貯蔵サイロ増設(27基)工事着工(2月)
十勝グレーンセンター(株)原料保管サイロ建設工事完成、原料搬入第1船受入(9月)
とかち飼料(株)飼料製造工場建設工事完成、試験操業開始(10月)
平成23年(2011年) 農協サイロ(株)小麦貯蔵サイロ増設(27基)工事完成、9万トンから11万7千トンへ
東北地方太平洋沖地震(3月11日)発生、災害復旧(航路・泊地浚渫)
飼料コンビナートの原料の輸入が飛躍的に伸び、貿易額が開港以来初の100億円を突破(153億9,300万円)
平成24年(2012年) 貿易額が2年連続で100億円を超える(115億8,500万円)
平成26年(2014年)   水面貯木場整備

 

十勝港港湾整備事業【昭和15年度〜平成26年度】

年度 事業費(千円) 前年度比
港湾直轄整備事業 補助事業 管理者負担 比較(%)
  103,951,473 3,889,961 107,841,434 19,041,204 平成15年度まで
16 1,533,516 84,515 1,618,031 351,403 103.4
17 946,524 101,403 1,047,927 291,987 64.8
18 716,432 60,836 777,268 159,337 74.2
19 1,147,925 32,958 1,180,883 206,343 151.9
20 1,668,481 0 1,668,481 286,199 141.3
21 1,767,792 0 1,767,792 356,979 106.0
22 262,397 0 262,397 45,814 14.8
23 571,891 0 571,891 106,279 217.9
24 140,800 0 140,800 21,898 24.6
 25 168,700 0 168,700 29,747  119.8
 26 154,000 0 154,000 23,504 91.3 
112,861,231 4,169,673 117,017,704 20,889,341  

 

けい留施設(大型)



名称 延長(m) 水深(m) 標準対象
船   型
バース
構 造 建設年度


南ふ頭第4岸壁 130 -7.5 5,000D/W 1 ケーソン S48
第2ふ頭第1・2岸壁 260 -7.5 5,000D/W 2 ケーソン
スリットケーソン
S50〜S52
第3ふ頭第1岸壁 90 -5.5 2,000D/W 1 ケーソン S60〜H 3
第3ふ頭第2・3岸壁 260 -7.5 5,000D/W 2 ケーソン S63〜H 3
第3ふ頭第4岸壁 185 -10.0 15,000D/W 1 ケーソン S62〜H 2
第3ふ頭第5岸壁 130 -7.5 5,000D/W 1 ケーソン S62〜H 2
第3ふ頭第6岸壁 90 -5.5 2,000D/W 1 ケーソン
(耐震バース)
S62〜H 2
第3ふ頭第7・8岸壁 180 -5.5 2,000D/W 2 ケーソン S61〜S63
第4ふ頭第1岸壁 240 -8.0 10,000G/T 1 ケーソン H 6〜H 8
第4ふ頭第2岸壁 240 -12.0 30,000D/W 1 ケーソン H 5〜H11
第4ふ頭第3岸壁 260 -13.0 40,000D/W 1 ケーソン H 8〜H16


漁業ふ頭岸壁 130 -6.0 500G/T 2 スリットケーソン S52
南ふ頭第1岸壁 90 -5.5 2,000D/W 1 ケーソン S38〜S39
南ふ頭第2・3・5岸壁 230 -5.5 2,000D/W 3 ケーソン S40〜S62

 

小型船・けい船岸壁



名称 延長(m) 水深(m) 接岸能力 構造形式
標準対象船 船隻数


第1物揚場 191 -3.0 10G/T 9 場所打コンクリート
第2物揚場 62 -2.0 3G/T 4 場所打コンクリート
第3物揚場 64 -3.0 10G/T 3 L型ブロック
第4物揚場 224 -3.0 10G/T 15 場所打コンクリート
物揚場 80 -3.0 10G/T - 水中コンクリート
第5物揚場 143 -4.0 50G/T 4 ケーソン
第6物揚場 83 -4.0 50G/T 2 スリットケーソン
南ふ頭物揚場 129 -3.0 10G/T 6 セルラーブロック
東物揚場 140 -4.0 50G/T 4 スリットケーソン
第7物揚場 60 -4.0 20G/T 8 スリットケーソン
会所前第2船揚場 78 -2.0 20t未満 - コンクリートブロック
会所前第3船揚場 100 -3.0 20t未満 - コンクリートブロック


第3ふ頭物揚場 70 -4.0 3t未満 - プレパックドコンクリート
積出し施設 270 -3.0 - 3 場所打コンクリート



外港地区第1物揚場 60 -2.0 3G/T 4 水中コンクリート
外港地区第1船揚場 90 -2.0 2t未満 - 張ブロック・張コンクリート
外港地区第2物揚場 100 -2.0 3G/T 7 型枠ブロック
外港地区第2船揚場 190 -2.0 2t未満 - 張ブロック・張コンクリート

 

back前ページへ戻る